MENU

2016/07/01 12:52:01 |
交通事故の被害に遭ってしまうと色々と面倒で、特に相手側の保険会社との示談は非常に手間がかかります。怪我の治療費や慰謝料の金額を決めるのが大変で、なかなか言い分が折り合わずに示談が成立しないこともあります。成立せずに裁判となるケースはそこまで多くはありませんが、被害者側の請求が通らずに結局は保険会社が提示する少ない金額での示談に応じてしまう被害者も多く、金銭面で大きく損をしてしまう方は少なくありません。怪我の状況があまりよくないとき、後に残るような怪我を負ってしまったときなどは、通常であれば治療費や慰謝料は高く付きます。しかし、保険会社はなるべくなら保険金を支払いたくないので、怪我や症状が確定す...
2016/07/01 12:52:01 |
借金返済に困ったときに使う任意整理は、今のままでは返済が厳しい方が債権者との任意の話し合いによって借金返済の計画を立て直すものとなります。一般的に任意整理後は借りたお金に関しては最低限支払っていきますが、利息が免除されるために支払いが軽くなります。継続的な支払いが必要となる点で自己破産とは大きく異なり、支払いを進めていくだけの収入があることも自己破産とは違う点です。任意整理は裁判所を使わない文字通り債権者との任意での借金整理となるため、手続きは個人でも進めやすいです。しかし、個人が債権者に「今のままでは払えない」といったところでどうにもならないので、多くは弁護士への依頼を行い、任意整理を進めて...
2016/07/01 12:52:01 |
違法な金利と厳しい取り立てによってたびたびトラブルになる闇金融ですが、解決のために何もお金を用意する必要はないことをご存知でしょうか。闇金に対しての支払いの必要は無く、1円たりとも返さずに解決を進めることも可能なのです。闇金の借金は違法な契約であるため、支払いの必要がないとする判例があります。そのため、たとえ借りたお金であっても元金分すらも闇金には支払わなくて良いので、高い法外な利息はもちろんですが元金分であるお金すらも支払うことはありません。とは言え、闇金側もそれは知っての上で貸し付けを行っているので、返済をしないとなると取り立てを繰り返してきます。支払う必要が無いはずのお金に対しての取り立...
2016/07/01 12:52:01 |
便利なキャッシングも使い過ぎには気をつけておくべきで、特にカードローンキャッシングの場合にはカードを使ってATMから手軽にお金が借りられてしまうので、どこか借金をしているという感覚を失ってしまう場合があります。まるで自分の銀行口座からお金を引き出しているような錯覚に陥り、借金をしている感覚が薄れているのでどこまでも借りてしまいます。どこまでもとは言ってもキャッシングの利用枠は限度額によって制限されているので上限は決まりますが、上限一杯となるとまた新たにカードを作って借金をしてしまうのです。こうなるともはや「借金がクセ」になっていると言え、借りられなくなるまで、つまり新規でカードが作れなくなるま...
2016/07/01 12:52:01 |
借金を重ねすぎてしまって返済ができなくなった、できなくなりそうとなると取り立てに怯える日々となってしまいます。毎日の電話も一種の恐怖感をおぼえるほどで、できることなら借金返済の日々から抜け出したいと考えるでしょう。とは言ってもお金がないから借金の返済ができないわけで、すぐに全て払って借金を終えることはできません。そんなときに頼れるのが弁護士ですが、弁護士のもとに借金のことで相談にいくのは気が引けると感じる方もいるのではないでしょうか。借金が払えないのはだらしない、みっともない、相談をしても話を聞いてくれなかったらどうしようなどと考えてしまう方もいるので、弁護士に依頼をすれば解決ができるとわかっ...