MENU

交通事故被害者の示談相談も受けてくれる

交通事故の被害に遭ってしまうと色々と面倒で、特に相手側の保険会社との示談は非常に手間がかかります。怪我の治療費や慰謝料の金額を決めるのが大変で、なかなか言い分が折り合わずに示談が成立しないこともあります。

 

成立せずに裁判となるケースはそこまで多くはありませんが、被害者側の請求が通らずに結局は保険会社が提示する少ない金額での示談に応じてしまう被害者も多く、金銭面で大きく損をしてしまう方は少なくありません。

 

怪我の状況があまりよくないとき、後に残るような怪我を負ってしまったときなどは、通常であれば治療費や慰謝料は高く付きます。しかし、保険会社はなるべくなら保険金を支払いたくないので、怪我や症状が確定する前に治療費や慰謝料を決めようとしてきます。

 

示談は一度成立をしてしまうとあとからやり直すのが非常に難しいので、基本的には保険会社が提示する示談内容では合意をしないようにすべきです。治療費も今後にさらにかかる可能性もありますし、慰謝料に関しても後遺障害の認定が得られるような怪我であれば大きくなります。

 

スムーズにスピーディに、且つ被害者側が損をせずに保険会社との示談を進めたいのであれば、弁護士への依頼をしておくのが得策です。交通事故案件に強い弁護士なら示談もスムーズに被害者側に損なく進めてくれるので、まずは交通事故の状況や怪我の程度などを含めて相談をしてみると良いでしょう。

 

示談は当事者同士で進めてしまうのが一番悪いケースで、次いで避けるべきは保険会社の言いなりなる示談です。本来であれば慰謝料は数十倍の金額で獲得できる場合もあるので、被害者側が損をしないためにも交通事故の慰謝料示談交渉を弁護士に進めてもらうようにしましょう。