MENU

任意整理を行うなら欠点についても確認しておく

借金返済に困ったときに使う任意整理は、今のままでは返済が厳しい方が債権者との任意の話し合いによって借金返済の計画を立て直すものとなります。一般的に任意整理後は借りたお金に関しては最低限支払っていきますが、利息が免除されるために支払いが軽くなります。

 

継続的な支払いが必要となる点で自己破産とは大きく異なり、支払いを進めていくだけの収入があることも自己破産とは違う点です。

 

任意整理は裁判所を使わない文字通り債権者との任意での借金整理となるため、手続きは個人でも進めやすいです。しかし、個人が債権者に「今のままでは払えない」といったところでどうにもならないので、多くは弁護士への依頼を行い、任意整理を進めてもらいます。

 

弁護士の中でも任意整理などの借金問題に強いところがあるので、実績が豊富な弁護士事務所に依頼をしておくと安心です。任意整理はあくまで交渉であるために交渉力が必要で、実績がある任意整理に強い弁護士でないと良い結果が得られない可能性があるのです。

 

また、任意整理は進めるにあたってのデメリットもあります。デメリットをしっかりと説明してくれる弁護士は良い弁護士であるとも言えるため、依頼前の相談時にどれだけ任意整理のデメリットや欠点を説明してくれるかを確認しておくと良いでしょう。

 

任意整理のメリットばかりを述べ、肝心のデメリットに関しての説明が一切無い弁護士への依頼は行わないほうが良いです。